【R-1ぐらんぷり 2019】【感想】霜降り明星がノリにのっている!

R-1ぐらんぷり2019の優勝者は霜降り明星 粗品さんでした。おめでとうございます!!

R-1ぐらんぷり2019を見た個人的な感想を綴ります。

R-1ぐらんぷり2019 結果とポイント

R-1ぐらんぷり2019 結果

優勝 霜降り明星 粗品
準優勝 セルライトスパ 大須賀
3位 だーりんず 松本りんす
ブロック2位 こがけん
おいでやす小田
三浦マイルド
ブロック3位 マツモトクラブ
河邑ミク
チョコレートプラネット 松尾
ブロック4位 ルシファー吉岡
岡野陽一
クロスバー直撃 前野

1.M-1王者の霜降り明星がノリにのっている!全体的にファイナリスト多め

2018年のM-1グランプリのチャンピオンである霜降り明星のツッコミ粗品さんが、R-1ぐらんぷり2019でも優勝してしまいました!!勢いがすごい〜〜〜〜〜!!!

しかも、2戦とも同点の戦いとなった末の優勝で、そこでルールに後押しされて勝つところも今年ノリにのってる感が出ていました。

また、R-1ぐらんぷり2019のファイナリストは、R-1チャンピオン1人(三浦マイルド)、R-1ファイナリスト経験者4人(おいでやす小田・マツモトクラブ・河邑ミク・ルシファー吉岡)、キングオブコントファイナリスト経験者3人(だーりんず 松本りんす・チョコレートプラネット 松尾・岡野陽一)という豪華なメンバーでした。

2.久々にコンビ芸人が優勝

普段コンビで活躍している人の優勝は、2012年のCOWCOW多田さん以来で久しぶりです。

ファイナルステージに残った3人も全て普段はコンビの芸人でしたし、ファイナリスト12人中5人がコンビ芸人で、コンビ芸人の印象がやや強めの回でした。

3.おじさん多め女子少なめ

敗者復活の2人が揃っていない段階でもそうでしたが、敗者復活がマツモトクラブさんと岡野さんということで、よりAround40おじさんが増えました。

優勝者こそ20代の粗品さんでしたが、おじさんたちも面白いんだぞと示された回でした。

また、近年のR-1ぐらんぷりは女性率が高まっていたのですが、2019年は河邑ミクさん1人だけでした。それもあって、今年のR-1はおじさんばっかりだな〜笑という印象が強めでした。

※敬意と親しみを込めての”おじさん”呼びです。

4.同点の戦いが2つも!審査方法の変更がキーに?!

R-1ぐらんぷり2019では、審査員票数が全く同じの戦いが2回ありました。両方とも優勝した粗品さんの戦いです。

ルールとしては、より多くの審査員が票を入れている方が勝ち(審査員Aから2票とるより審査員AとBから1票ずつの方が勝ち)ということでした。

2018年までは、お茶の間d投票という視聴者投票があり、同点の場合は視聴者票が多い方が勝ちでした。

2019年はお茶の間d投票自体がなくなって審査方法が変わったので、d投票があったらまた結果が違ったかもしれません。

R-1ぐらんぷり2019 感想 【Aブロック】

四者四様のAブロック

1位 セルライトスパ 大須賀
2位 こがけん
3位 チョコレートプラネット 松尾  
4位 クロスバー直撃 前野悠介

Aブロックは、松尾さんがモノマネ、前野さんが小道具芸(?)、こがけんさんが歌ネタ、大須賀さんがささやき漫談という四者四様のネタでした。

R-1は、こうやってパターンが全然違うネタをまとめて見られるのが良いところです。一方で、審査するのが大変そうな気がしますが。

私は、Aブロックでは前野さんが1番好きでした。

実印とか朱肉とか、印鑑周りが多いとこがツボでした。そして、小道具紹介だけだったらちょっと物足りなかったですが、最後のメルカリの件ですごく笑いました。本当にメルカリにありました。笑

2019のR-1は、チョコレートプラネットの松尾さんから始まりましたが、ブレイク真っ只中のチョコプラだし、IKKOさんでテンション高いしで、トップバッターから盛り上げてくれてすごく良かったです!

にしても、あんなにIKKOさんだけで1本ネタできるんだと思いました。笑 IKKOさんにいくらか入れるべきですね笑 

また、2019年のR-1はお客さんが・・・みたいな声がちらほらあったみたいなのですが、こがけんさんのときは結構気になりました。。

このへんのお客さんの話はニューヨークがしゃべっていたので「R-1ぐらんぷり2019のお客さんについて」を見てもらえると良いかもしれません。

 

Aブロック出番順・ネタメモ:

1チョコレートプラネット 松尾「一休さん」
2クロスバー直撃 前野「動体視力検査」
3こがけん「歌が上手くなるマイク」
4セルライトスパ 大須賀「父親になって思うこと」

※ネタタイトルは勝手につけてます

R-1ぐらんぷり2019 感想 【Bブロック】

ひとりコントおじさん多めのBブロック

1位 霜降り明星 粗品
2位 おいでやす小田
3位 マツモトクラブ
4位 ルシファー吉岡

Bブロックは、おいでやす小田さんとルシファーさんに加え、敗者復活によりマツモトクラブさんが上がってきたことで、1人コントおじさん多めのブロックでした。

Bブロックは、粗品さんと小田さんが同点となり、票を入れた審査員が多い方の粗品さんが勝ちあがりました。

同じタイプのネタだとどうしても票が割れるので、ネタ種が違った方が有利だったかも?と思いました。

Bブロックでは、粗品さんはもちろんですが、マツモトクラブさんも好きでした。

敗者復活だからかセットもなくて小道具もほぼ使っていないのに、情景が見えるのはすごいです。R-1のセットが結構明るいことを忘れるくらいでした。

Bブロック出番順・ネタメモ:

1おいでやす小田「お金持ち」
2霜降り明星 粗品「夢」
3ルシファー吉岡「女子高との合併」
4マツモトクラブ「真実を見抜く犬」

※ネタタイトルは勝手につけてます

R-1ぐらんぷり2019 感想 【Cブロック】

クセ強めのCブロック

1位 だーりんず 松本りんす
2位 三浦マイルド
3位 河邑ミク
4位 岡野陽一

Cブロックは、最後の岡野さんの影響が大きいですが、全体的にクセが強めのブロックでした。

岡野さんのネタはもう岡野さん以外誰もできないです。笑

放送禁止用語とかは一切言っていないけれど、何かこれって放送していいネタかな?と途中から思いました。笑 

お客さんの「え〜」みたいな声が多くてやりづらそうという意見があったようですが、私もあの鶏肉を生で見たら言ってしまう気もします。そこが良さなんですけども。笑

三浦マイルドさんのネタも好きでした。ハゲとか見た目の強烈さを一切使わずにちゃんと面白いフリップ芸をするところが好きです。笑

Cブロック出番順・ネタメモ:

1だーりんず 松本りんす「カツラ芸」
2河邑ミク「大阪に引越し」
3三浦マイルド「広島弁漢字ドリル」
4岡野陽一「風船のおじさん」

※ネタタイトルは勝手につけてます

R-1ぐらんぷり2019 感想 【ファイナルステージ】

20代・30代・40代のコンビ芸人が戦ったファイナルステージ

1位 霜降り明星 粗品
2位 セルライトスパ 大須賀
3位 だーりんず 松本りんす

ファイナルステージは、20代(粗品)・30代(大須賀)・40代(りんす)という各世代の戦い且つ、普段はコンビで活躍しているメンバーの戦いでした

ネタ種は、3人とも1本目とあまり変わらずで、パッと見は大須賀さんだけ全然違うネタをするかと思いきや、同じタイプのネタだったところが良かったです。宮迫さん曰く「虎の配置がええ感じ」でした。笑

優勝した粗品さんは、Bブロックの戦いのネタもファイナルステージのネタも本当に面白かったです。ちん○からのバンクシーが最高でした。笑

1つ1つのフリップが独立していて、実は2018年のR-1決勝と同じネタがあったりしたのですが、それでも成立するネタなのがすごいです。

粗品さんは、高校生からR-1に出てるとのことで、今までやってきたフリップの精鋭たちを集めてきたんだろうなと感じました。

フリップだけでこんなに色んな楽しませ方できるのすごいし、3分の密度濃いな〜〜と。ちょいちょいモノマネとか入れてスピード感変えてくるのが達者すぎました。

ファイナルステージ出番順・ネタメモ:
1セルライトスパ 大須賀「猛獣に囲まれて思うこと」
2霜降り明星 粗品「夢」
3だーりんず 松本りんす「カツラ芸」

※ネタタイトルは勝手につけてます

R-1ぐらんぷり2019 その他面白かったところメモ

  • 審査員初登場の友近さん、上沼さんのモノマネからスタート
  • 敗者復活にいるスーパーマラドーナ田中さんが武智さんの写真を破る

R-1ぐらんぷり2019 感想 まとめ

2019年のR-1ぐらんぷりは、霜降り明星がとにかくノリにのっているぞと感じた一方で、Around40おじさんたちもその間の層もみんな面白いんだぞと感じられた回でした。

それでは。

こちらの記事もおすすめです▼

お笑い動画を見られる動画配信サービス10選【無料期間あり】

2018年8月27日

【Amazonプライム】「カリギュラ」のおすすめ回3つ

2018年9月13日