【R-1ぐらんぷり 2015】【感想】復活ステージスタート!

R-1ぐらんぷり2015の優勝者はじゅんいちダビッドソンさんでした。おめでとうございます!!

R-1ぐらんぷり2015を見た個人的な感想を綴ります。

R-1ぐらんぷり2015 結果とポイント

R-1ぐらんぷり2015 結果

優勝 じゅんいちダビッドソン
準優勝 マツモトクラブ
3位 ゆりやんレトリィバァ
ブロック2位 とにかく明るい安村
やまもとまさみ
エハラマサヒロ
ブロック3位 ヒューマン中村
COWCOW善し
厚切りジェイソン
ブロック4位 アジアン馬場園
あばれる君
NONSTYLE 石田

1.復活ステージスタート

2015年から「復活ステージ」という名の敗者復活制度が始まりました。

厳密に言うと、2009年と2010年に「サバイバルステージ」という名の敗者復活制度があったので、敗者復活制度が数年ぶりに復活した、となります。

2015年の敗者復活枠には、スギちゃんやキンタロー、M-1グランプリ優勝前のトレンディエンジェル斎藤さんなんかがいます。

2.ファイナルステージの審査が1名への投票ではなくなった

2014年までは、ファイナルステージでは3人中面白かった1人に審査員がそれぞれ投票する方式でした。

2015年以降はA,B,Cブロックの審査と同様、審査員1人につき3票が与えられ、自分の好きなように分散して投票できるようになりました。

R-1ぐらんぷり2015 感想 【Aブロック】

初登場多めのAブロック

1位 ゆりやんレトリィバァ
2位 とにかく明るい安村
3位   COWCOW 善し
4位 あばれる君

Aブロックは、復活ステージから上がってきたCOWCOW 善しさん以外は全て初登場のメンバーでした。

今となっては常連のゆりやんですが、2015年が初登場です。当時、芸歴2年目の24歳で、最近のR-1の時と比べるとかなり初々しく見えます。

とにかく明るい安村さんの「履いてますよ」は何回見ても面白いです。「へい」の掛け声が最高ですし、この時のネタを見ると恋するフォーチュンクッキーってこのための曲だったのかな?笑 とすら思えるほどハマっています。

Aブロック出番順・ネタメモ:

1ゆりやんレトリィバァ「アカデミー賞」
2あばれる君「校庭の分割問題」
3とにかく明るい安村「安心してください履いてますよ」
4COWCOW 善し「テトリス」

※ネタタイトルは勝手につけてます

R-1ぐらんぷり2015 感想 【Bブロック】

初登場多め(Part 2)のBブロック

1位 マツモトクラブ
2位 エハラマサヒロ
3位 厚切りジェイソン
4位 アジアン馬場園

Bブロックも、Aブロックと同じく初登場多めのブロックです。

唯一のファイナリスト経験者であるエハラさんも5年ぶりの登場で、そういった意味では近年の大会からすると目新しいメンバーでした。

Bブロックは、芸人界でも目新しい厚切りジェイソンから始まりました。

今となっては復活ステージ勝ち上がりの常連のようになっているマツモトクラブさんも2015年が初登場です。

自分の音声とコントするパターンは私はマツクラさんで初めて見てすごく印象に残りました。

Bブロック出番順・ネタメモ:

1厚切りジェイソン「漢字難しい」
2エハラマサヒロ「北斗晶(からの色々モノマネ)」
3アジアン馬場園「スーパー」
4マツモトクラブ「ストリートミュージシャン」

※ネタタイトルは勝手につけてます

R-1ぐらんぷり2015 感想 【Cブロック】

NONSTYLE石田さんが1番すべった瞬間?!のCブロック

1位 じゅんいちダビッドソン
2位 やまもとまさみ
3位 ヒューマン中村
4位 NONSTYLE 石田

Cブロックは、前年チャンピオンのやまもとまさみさんがいたり、この年に優勝するじゅんいちダビッドソンさんがいたり、決勝常連だったヒューマン中村さんが久しぶりに登場したり、、、、と盛りだくさんのブロックなのですが、今見ると「石田さん出てる!!」の衝撃が強めのブロックです。

いつかの水曜日のダウンタウンで、石田さん本人が、1番すべった瞬間としてこのR-1ぐらんぷり2015を挙げていました。

実際、点数が入ったのはお茶の間分の1ポイントだけで、審査員からは0票でした。

そもそも決勝に上がっているので全然面白くないはずがないのですが、石田さんにしては珍しい瞬間が見られる回です。

Cブロック出番順・ネタメモ:

1NONSTYLE 石田「体が変わるクリーム」
2やまもとまさみ「催眠術」
3じゅんいちダビッドソン「本田圭佑ショートコント」
4ヒューマン中村「モテない僕らの五七五」

※ネタタイトルは勝手につけてます

R-1ぐらんぷり2015 感想 【ファイナルステージ】

1位 じゅんいちダビッドソン
2位 マツモトクラブ
3位 ゆりやんレトリィバァ

ファイナルステージは、3人とも面白かったですが、やっぱり優勝したじゅんいちダビッドソンさんが1番面白かったです。

正直1本目のネタは、2014年の時の方が面白かったかもと思ったくらいでしたが、2本目は圧倒的でした。

「切り干し大根のみりんと醤油のコミュニケーションはきっちりとれていたのか」というのが最高でした。笑

ファイナルステージ出番順・ネタメモ:
1ゆりやんレトリィバァ「女スパイ」
2マツモトクラブ「参拝」
3じゅんいちダビッドソン「スーパー食品担当 本田圭佑」

※ネタタイトルは勝手につけてます

それでは。

 

こちらの記事もおすすめです▼

お笑い動画を見られる動画配信サービス10選【無料期間あり】

2019年4月27日

【Amazonプライム】「カリギュラ」のおすすめ回3つ

2018年9月13日