【R-1ぐらんぷり 2011】【感想】こんなに平和なネタできる人いる?!

R-1ぐらんぷり2011の優勝者は佐久間一行さんでした。おめでとうございます!!

R-1ぐらんぷり2011を見た個人的な感想を綴ります。

ちなみに、R-1ぐらんぷり2011はリアルタイムでも見ていたのですが、最近になって再度見たので2018年に見た感想です。




印象に残った組についての感想

※ネタタイトルは勝手につけたものです。
※トーナメント戦のため3位以下は順位がつけられません。

キャプテン渡辺(ベスト8)

ネタは「クズあるある」。

キャプテン渡辺さんのネタめちゃくちゃ好きなんですよね。クズなのはわかっているんですが。笑 なんか気分が荒れてるときはキャプテンのネタを見たくなります。笑

審査員からのコメントでも言われていたのですが、内容は明らかにクズなのに爽やかな印象なところが良いです。

10対11という大接戦で初戦で負けてしまったのですが、その結果を受けて「事実上の決勝戦でしたね〜」としみじみと言っていたところも面白かったです。

 

ヒューマン中村(ベスト8)

ネタは「しょぼくしていこう」。

ヒューマン中村さんのネタもすごく好きです。スマートなネタで良いです。

大阪拠点だからか、東京にいるとR-1の時くらいしかネタが見られないので寂しいです。

 

COWCOW山田與志(ベスト4)

ネタは1本目が「アナウンス学院」で2本目が「富良野アナウンス学院」。

当時は思わなかったのですが、改めて見るとあのフリップの絵を1個1個描いてるのってすごいですね。

與志さんの初戦の相手がキャプテン渡辺さんだったのですが、マイク1本の漫談と絵がたくさんのフリップネタのどっちが良いかを選ぶなんてかなり難しいですよね。



AMEMIYA(準優勝)

ネタは1本目が「冷やし中華始めました」で2本目が「東京ウォーカーに載りました」で3本目が「この売場から一等がでました」。

この2011年の回で1番自分の印象に残ったのはAMEMIYAさんでした。

3本(3曲?)ともややストーリーは似ていますが、聞けば聞くほどクセになりました。

歌は上手いし、本当に冷やし中華始めた店主なんじゃないかと思う表情と歌い方をしているところが好きです。

 

佐久間一行(優勝)

ネタは1本目が「井戸のお化け」で2本目が「こんなことよくあるよね」で3本目が「中学校の休み時間」。

こんな3本とも平和なネタできる人いますかね? 3本それぞれ系統の違うネタだったところもすごいです。文句なしの優勝でした。

1本目の井戸のお化けって、改めて見るとめちゃくちゃかわいいですね。笑 見てるだけで平和な気持ちになれます。

 

その他好きだったところ(メモ)

  • 初戦で負けたバッファロー吾郎 木村さん「決勝に石原軍団とファミレス行くネタ用意してたんですよ」 気になるw
  • (スリムクラブ真栄田 VS ナオユキの戦いを見て) 清水ミチコ「2人とも警察24時を見てるようだったんですけど、ナオユキさんの方がまだ生活できそう(なのでナオユキさんに入れました)」

 

R-1ぐらんぷり2011 まとめ

R-1は1人芸なら何でもありなので漫談もフリップ芸も歌もコントもありますが、3本とも違う系統のネタを見せてくれた佐久間さんはさすがでした。

そして、誰も傷つかない平和なネタでとてもほっこりした気分になれました。

 

 

 

それでは。

 

こちらの記事もおすすめです▼

【無料あり】お笑い動画・DVDを見られるおすすめサービス13選

2018.08.27

【Amazonプライム・ビデオ】「カリギュラ」が面白くておすすめ!

2018.09.13