3分で振り返る!歴代M-1グランプリの歴史(2001~2017)

M-1グランプリ2018年の開催が決まり、

2001年にスタートしたM-1グランプリも次で14回目を迎えます。

歴代のM-1グランプリの歴史を振り返りたい方のために今まで全13回のことをまとめました。




M-1グランプリ2001~2017の決勝
2015,2017の敗者復活戦
2016の準決勝が見られます▼

Amazonプライムビデオ| M-1グランプリ

Amazon Prime会員なら無料です。

歴代の結果と各年のポイント

2001年

順位 グループ名
優勝 中川家
準優勝 ハリガネロック
3位 アメリカザリガニ
4位 ますだおかだ
5位 麒麟
6位 フットボールアワー
7位 キングコング
8位 チュートリアル
9位 DonDokoDon
10位 おぎやはぎ


2001年特有のこと

・トップバッターが優勝

・一般審査員による採点あり

・最終決戦は2組だけ

 

管理人コメント

大会全体が今よりだいぶん厳格な雰囲気です。

運営側も含めて色々なことがまだふわふわしている印象が強い年でもあります。

 

詳細感想記事はこちら▼

M-1グランプリ 2001】【感想】歴代唯一のトップバッター優勝!

 

2002年

順位 グループ名
優勝 ますだおかだ
準優勝 フットボールアワー
3位 笑い飯
4位 おぎやはぎ
5位 ハリガネロック
6位 テツandトモ
7位 スピードワゴン(敗者復活)
8位 ダイノジ
9位 アメリカザリガニ


2002年に初めて起きたこと

・敗者復活制度スタート

・決勝出場組が全9組に

・最終決戦が3組に

 

2002年特有のこと

・ギターを持ち込んでのネタ(テツandトモ)

 

管理人コメント

敗者復活制度が始まりルール的にはその後のM-1のスタンダードになるルールが確立されたのが2002年です。

ただ、大会の雰囲気はまだ厳格さが残っており審査員の採点も今に比べると辛めです。

 

詳細感想記事はこちら▼

【M-1グランプリ 2002】【感想】敗者復活戦スタート!

 

2003年

順位 グループ名
優勝 フットボールアワー
準優勝 笑い飯
3位 アンタッチャブル(敗者復活)
4位 2丁拳銃
5位 りあるキッズ
6位 スピードワゴン
7位 アメリカザリガニ
8位 麒麟
9位 千鳥


2003年に初めて起きたこと

・司会が今田さんに

・敗者復活組が最終決戦3組に残る

 

管理人コメント

今田さんが司会になったことで大会全体の雰囲気がグッと明るくなったように見えます。

審査員の採点でも60点代以下をつける人は1人もいなくなりました。

 

詳細感想記事はこちら▼

【M-1グランプリ 2003】【感想】千鳥が面白くない!?

 

2004年

順位 グループ名
優勝 アンタッチャブル
準優勝 南海キャンディーズ
3位 麒麟(敗者復活)
4位 タカアンドトシ
5位 笑い飯
6位 POISON GIRL BAND
7位 トータルテンボス
8位 東京ダイナマイト
9位 千鳥


2004年に初めて起きたこと

・関東勢の優勝(アンタッチャブル)

・女性がファイナリストに登場(南海キャンディーズ しずちゃん)

 

2004年特有のこと

・ファーストラウンドの出番順の抽選を吉田沙保里選手が実施

 

管理人コメント

チャンピオンであるアンタッチャブルの”バラエティ慣れ感”が半端ないです。笑

そのおかげもあって、大会自体が2003年以前に比べてだいぶんバラエティ色が強まりました。

 

詳細感想記事はこちら▼

【M-1グランプリ 2004】【感想】初の関東勢の優勝!

 

2005年

順位 グループ名
優勝 ブラックマヨネーズ
準優勝 笑い飯
3位 麒麟
4位 品川庄司
5位 チュートリアル
6位 千鳥(敗者復活)
7位 タイムマシーン3号
8位 アジアン
9位 南海キャンディーズ


2005年に初めて起きたこと

・決勝初進出の組が優勝(ブラックマヨネーズ)

・女性コンビがファイナリストに登場(アジアン)

・最終決戦の出番順をファーストラウンドの点数が良かった組から選択できるように

 

管理人コメント

2004年までと比べ、パッと見でわかるほどセットが華やかです。

M-1自体の雰囲気もさらに明るくなり、大会自体にいっそう力が入れられるようになったように感じます。

 

詳細感想記事はこちら▼

【M-1グランプリ 2005】【感想】史上初!決勝初進出コンビが優勝!

 

2006年

順位 グループ名
優勝 チュートリアル
準優勝 フットボールアワー
3位 麒麟
4位 笑い飯
5位 トータルテンボス
6位 ライセンス(敗者復活)
7位 ザ・プラン9
8位 変ホ長調
9位 POISON GIRL BAND


2006年に初めて起きたこと

・審査員全員の票を集めての優勝

・王者が再挑戦(フットボールアワー)

・アマチュアコンビがファイナリストに登場(変ホ長調)

 

2006年特有のこと

・5人組がファイナリストに登場(ザ・プラン9)

 

管理人コメント

2006年は、「王者」「アマチュア」「5人組」という史上初づくしでした。

さらに、史上初のパーフェクト優勝というかっこいい締めでした。

 

詳細感想記事はこちら▼

【M-1グランプリ 2006】【感想】史上初づくし !王者参戦にアマチュアに5人組!?

 

2007年

順位 グループ名
優勝 サンドウィッチマン
準優勝 トータルテンボス
3位 キングコング
4位 ハリセンボン
5位 笑い飯
6位 ザブングル
7位 ダイアン
8位 千鳥
9位 POISON GIRL BAND


2007年に初めて起きたこと

・敗者復活組が優勝(サンドウィッチマン)

・女性が審査員に初登場(上沼さん)

 

管理人コメント

2007年の1番のポイントは何と言っても敗者復活組かつ所属事務所もよく知られていなかったサンドウィッチマンの優勝です。

2018年現在では好きな芸人1位にまで登りつめていますからすごいですね。

また、今やM-1審査員に欠かせない存在となった上沼さんのコメントも印象に残りました。

 

詳細感想記事はこちら▼

【M-1グランプリ 2007】【感想】史上初の敗者復活からの優勝!

 

2008年

順位 グループ名
優勝 NON STYLE
準優勝 オードリー(敗者復活)
3位 ナイツ
4位 笑い飯
5位 U字工事
6位 ダイアン
7位 モンスターエンジン
8位 キングコング
9位 ザ・パンチ


2008年に初めて起きたこと

・上戸彩さんが司会に

 

管理人コメント

2007年のサンドウィッチマンの影響か、2008年も敗者復活組(オードリー)の勢いがすごく、

チャンピオンよりブレイクしたのでは?と言われるほどでした。

また、上戸彩さんが司会になった2008年頃から

ネタ中は審査員の真剣な顔より上戸彩さんの笑った顔を映すことが多くなったようです。

 

詳細感想記事はこちら▼

【M-1グランプリ 2008】【感想】サンドウィッチマンの影響?敗者復活者の勢いがすごい!

 

2009年

順位 グループ名
優勝 パンクブブーブー
準優勝 笑い飯
3位 NON STYLE(敗者復活)
4位 ナイツ
5位 ハライチ
6位 東京ダイナマイト
7位 モンスターエンジン
8位 南海キャンディーズ
9位 ハリセンボン


2009年に初めて起きたこと

・前年チャンピオンが参戦(NON STYLE)

 

管理人コメント

2009年は2008年チャンピオンのNON STYLEの参戦に加え、初出場組数が最小の年でした。

そんな中で優勝は初登場のパンクブーブーであり、

2回目以上の出演者は1回出場しているからこそ前回を超えることが難しく、

それはチャンピオンでも同じなのだと思わされた年でした。

 

詳細感想記事はこちら▼

【M-1グランプリ 2009】【感想】史上初 前年王者が2連覇を狙う!

 

2010年

順位 グループ名
優勝 笑い飯
準優勝 スリムクラブ
3位 パンクブーブー(敗者復活)
4位 ピース
5位 銀シャリ
6位 ナイツ
7位 ハライチ
8位 ジャルジャル
9位 カナリア

 

管理人コメント

2010年はこの年に初めて起きたことも特有なことも特にはありませんでしたが、

一旦終了という大きな節目の年でした。

スリムクラブにだいぶ乱されたものの

9年連続決勝進出の笑い飯が優勝するというベストな形で幕を閉じました。

 

詳細感想記事はこちら▼

【M-1グランプリ 2010】【感想】 10年の歴史を締めくくるのにベストな優勝者だった!

 

2015年

順位 グループ名
優勝 トレンディエンジェル(敗者復活)
準優勝 銀シャリ
3位 ジャルジャル
4位 タイムマシーン3号
5位 スーパーマラドーナ
6位 和牛
7位 メイプル超合金
8位 馬鹿よ貴方は
9位 ハライチ


2015年に初めて起きたこと

・出場資格が結成15年以内に

・敗者復活制度がちょこちょこ変更された(詳細は下記の詳細感想記事にて)

・3回戦と準々決勝のネタが期間限定でGYAO!で配信されるように

 

2015年特有のこと

・審査員は歴代王者の9人

 

管理人コメント

詳細感想記事のタイトルにもしている通り、

2015年のM-1は布陣(≒出番順)が本当に最高の年でした。

また、優勝後のトレンディエンジェルがめちゃくちゃ売れて

結果7位だったメイプル超合金も一気に人気者になったため、

M-1の決勝に行けたら売れる!という印象が再度強まりました。

動画配信やTwitterトレンドについての言及も始まり、

時代の流れを感じます。

 

詳細感想記事はこちら▼

【M-1グランプリ 2015】【感想】復活にふさわしい最高の布陣だった!

 

2016年

順位 グループ名
優勝 銀シャリ
準優勝 和牛(敗者復活)
3位 スーパーマラドーナ
4位 さらば青春の光
5位 アキナ
6位 ハライチ
7位 カミナリ
8位 スリムクラブ
9位 相席スタート


2016年特有のこと

・審査員人数が歴代最小の5人

 

管理人コメント

2010年までのM-1と2015年以降のM-1を比較すると、

漫才の形も時代によって変わってきているのだなと感じます。

中でも、近年はツッコミが面白い漫才も増えてきており、

2016年のチャンピオンの銀シャリは、歴代優勝者史上1番ツッコミが長い漫才でした。

 

詳細感想記事はこちら▼

【M-1グランプリ 2016】【感想】歴代史上「ツッコミが1番長い」優勝者だった?!

 

2017年

順位 グループ名
優勝 とろサーモン
準優勝 和牛
3位 ミキ
4位 かまいたち
5位 スーパーマラドーナ(敗者復活)
6位 ジャルジャル
7位 さや香
8位 ゆにばーす
9位 カミナリ
10位 マヂカルラブリー


2017年に初めて起きたこと

・決勝進出組数が10組に

・敗者復活組の発表タイミングが決勝の最初に

・出番順が笑御籤で決められるように

 

管理人コメント

2017年は最下位のマヂカルラブリー含め、

各組がそれぞれの印象が残る「みんな得した」回でした。

 

詳細感想記事はこちら▼

【M-1グランプリ 2017】【感想】「みんな得した」回だった!

 

それでは。

 

M-1動画を見る

M-1グランプリ2001~2017の決勝
2015,2017の敗者復活戦
2016の準決勝が見られます▼

Amazonプライムビデオ| M-1グランプリ

Amazon Prime会員なら無料です。

 

こちらの記事もおすすめです▼

【Amazonプライム・ビデオ】「カリギュラ」が面白くておすすめ!

2018.09.13

【無料あり】お笑い動画・DVDを見られるおすすめサービス13選

2018.08.27