【M-1グランプリ】3回戦の魅力を語る

M-1グランプリが2015年に復活してから、東京の3回戦と準々決勝は会場で見ています。

どちらも面白いですが、特に3回戦は楽しくてとても良いライブだと思っています。

何がそんなに良いのかM-1 3回戦の魅力を説明します。

M-1グランプリ 3回戦の魅力

3回戦の魅力その1:みんな面白い

M-1は、アマチュアさんが出られることもあり、1回戦や2回戦だとどうしても滑るコンビが出てきます。

全員面白い!と思えるのが3回戦からです。

3回戦の魅力その2:知名度ある人とそれほどない人のバランスが絶妙

1で言った通りM-1の予選では面白い人しか残らないので、やはりすでに活躍している(=知名度のある)人の方が残る可能性が高いです。予選が進むほどその割合は高くなります。

知名度のある人とそれほどない人のバランスが一番ちょうど良いのがM-1の3回戦です。

私はM-1 3回戦を4年も見に行っている(+それ以外でもお笑いライブを見る)のでだんだん知っている人が増えてきましたが、それでも4 割くらいは初見の人です。

M-1 2015の3回戦だと6割くらいは知りませんでした(当時は自分はかなりお笑いに詳しい方だと思っていたのでちょっとショックだった笑)。

というわけで、初めて見たけど面白いじゃん!というコンビ/トリオに出会えます。

カミナリなんかは、私はM-1 2016の3回戦で初めて知りました。

ネタ番組が少ない中で、新たな面白い人を見つけたい人には非常におすすめです。

3回戦の魅力その3:これって漫才?だけど面白い!というコンビがいる

面白い人しかいないと書きましたが、面白ければあげてくれるのがM-1だと3回戦までなんです。

どういうことかというと、M-1のために組まれたピン芸人同士の即席コンビやこれは漫才に分類していいのか?笑 というようなキャラ物系/パワー系のコンビも面白ければ3回戦に残っているのですが、こういったコンビのほとんどはM-1の準々決勝で会うことができません。笑

だから、そんなコンビを見るためにはM-1 3回戦を見に行くしかない!

個人的にはそういうコンビが出てくると「これぞ3回戦だな〜!」と感じますし、彼らのおかげでM-1 3回戦のお祭り感がかなりアップしていると思います。

3回戦の魅力その4:組数・値段・時間の全てがちょうど良い

M-1 3回戦は1日の出場数が約40組です。そして3500円(ふつーに若手のネタライブを見に行くと、2000円で10組くらいです。)

1組のネタ時間が3分なので全部で2時間ちょっと。時間もちょうど良いです。

M-1 2回戦は100組近く出るし、M-1 準々決勝は1組4分×約60組で全5時間くらいあるので、よっぽど好きじゃないとしんどい可能性が出てきます。笑

3回戦の魅力その5:チケットをとるのがそこまで大変じゃない

M-1の準決勝は、全然チケットがとれません。発売時間とほぼ同時に先行予約しても余裕で抽選落ちするレベルです。

M-1の3回戦は、先行予約すればまぁとれるかなという感じです。ただし、人気公演であることに間違いはないので、一般でゆっくり買っていると売り切れます。さらに、近年は個人での転売が簡単になったからか、3回戦でも年々とるのが困難になってきているのは事実です。

また、前売り券が買えなくても、3回戦は例年当日券が販売されています。

立ち見なのが難点ですが、私は立ち見で見たこともあります。意外ときつくなかったです。

それでは。

 

M-1動画を見る

Amazonプライムビデオ| M-1グランプリ

Amazon Prime会員なら無料です。

 

こちらの記事もおすすめです▼

【Amazonプライム】「カリギュラ」のおすすめ回3つ

2018年9月13日

お笑い動画を見られる動画配信サービス10選【無料期間あり】

2019年4月27日