【M-1グランプリ 2017】敗者復活戦出場者紹介

2017年のM-1の敗者復活戦出場者独断と偏見をもって紹介します。

独自の解釈のため自分がよく知っている人とそうでない人とで情報のムラがある点はご了承ください。

決勝進出者紹介はこちらから▼

「【M-1グランプリ2017】決勝進出者紹介」




M-1グランプリ2001~2017の決勝
2015,2017の敗者復活戦
2016の準決勝が見られます▼

Amazonプライムビデオ| M-1グランプリ

Amazon Prime会員なら無料です。

敗者復活戦出場者全20組の紹介

予選10位:スーパーマラドーナ

和牛と同じくらい確実に決勝に行くと思っていたコンビなので敗者復活にいること自体が不思議です。

それくらい安定感がすごいので、敗者復活枠の有力候補だと思います。

 

予選11位:相席スタート

年々面白くなってるし、年々ケイさんがきれいになっています。

昨年の決勝のネタを初めて見たとき個人的には鳥肌が立つくらい良いネタだと思ったんですが、あまり点数が入らず残念でした。唯一上沼さんだけ高評価で自分の知人の女性も絶賛していたので、女性ウケの良いネタだったのかなと思います。

ケイさんは相席スタートの”ボケ”ではなく“メッセージ”担当とおっしゃっていました。確かにたまにメッセージの面が強すぎて笑いというよりただただ共感するみたいなネタのときがあります。笑

 

予選12位:ニューヨーク

実は個人的にすごく推しているコンビで、おそらくニューヨークのことで1記事書けます。

※2017/12/10追記 書きました▼

「お笑い芸人 ニューヨークの魅力を語る!【本郷奏多くんもお気に入り】」

性格が悪いと言われているニューヨークのネタですが、それで笑うってことは本当はみんなそう思っているってことですよ?(自戒もこめて)

嶋佐さんの変な人へのなりきり度は年々上がっているし、屋敷さんの口悪いツッコミは賞レースとかよそいきのときには少しマイルドにするようになった(!)ので、そろそろ決勝に行っても良いんじゃないでしょうか!

ちなみに、ゆにばーすの川瀬名人に決勝進出者発表の会見(記事最後の方)でいじられています。笑

 

予選13位:大自然

だれかが彼らのことをスリムクラブみたいだと言ってるのを聞いてから、そう見えるようになってしまった。

ネタ以外の彼らを見たことがないというのもあってどういう人たちなのか全然見えてないのですが、とにかく重低音でめちゃくちゃ良い声ですね。

 

予選14位:さらば青春の光

コント師だと思っていたらいつの間にか漫才もちゃんと結果を残すようになっていてもはや怖いくらいです。

漫才コント関わらず「天才かよ!」って思うネタがいっぱいあります。今年のKOC1本目の居酒屋のネタとかチャーハン早食いのネタとか。あと、昨年のM-1のネタは今まで見た漫才の中で1番きれいな漫才だと個人的には思っています。

ただ、森田さんは自分はツッコミというよりただ繰り返しているだけと言っていました。言われてみれば、「能なん?」とかそうですね。笑

 

予選15位:アインシュタイン

1度見たら忘れられない顔。芸人として最強すぎます。

THE MANZAIのころから決勝に近い位置にいつもいるイメージなので、ここも有力候補だと思います。




予選16位:南海キャンディーズ

紹介する必要もない人気者ですね。

M-1の予選で2人がいつものように両手をあげて登場したのを見て(見られて)、お笑いファンとしては「うわー、生で見れたー!」というミーハー心が出てしまうほどでした。

以前に他の芸人さんが「南海キャンディーズは忙しいし人気者だから3回戦くらいは流してくるかと思ったら、最近のトレンドも含めたしっかり面白いネタをしてて何なんだよ!って思った」という話をしていて、さすがだなと思いました。

ただ、ラストイヤーと言えどもっと若手の人たちにチャンスあげてほしいかもという気持ちもあります。さすがにこのコンビは格が違うから、という意味で。

 

予選17位:ハライチ

ここも人気者ですね。世間的に知られているだろうし、ネタのスタイルもそれほど変わっていないので改めて自分が説明することもないくらいです。

最近のゴッドタンで見る岩井さんが腐りすぎている点は心配になります。笑

 

予選18位:見取り図

ツッコミの盛山さんは見た目的には背も大きくて怖そうですが、声が高くて特徴的です。ツッコミの語気は強いけど、言ってることは結構優しかったりするところが好きです。

ちなみに、ボケの人の声としゃべり方はさらば青春の光の東ブクロさんにそっくりな気がします。笑

 

予選19位:霜降り明星

「【ツッコミの】ツッコミが面白い若手芸人6組!【クセが強い】」で紹介しているコンビ。

耳に残る簡潔で短いツッコミが多くて面白いです。

自身のネタ内でもおっしゃっていますが、ツッコミの粗品さんはスプーンに映った小栗旬さんに似ています。笑

 

予選20位:天竺鼠

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとふざけている。笑

天竺鼠の漫才は漫才なんだろうか?というかそもそも”ネタ”なんだろうか?と思う(良い意味で)。

ボケの川原さんがあの顔で普通に変なこと言うから笑ってしまいます。

でも素のときは普通に常識人で、トークライブで猫の話とかかわいい話してるときありました。笑

 

予選21位:囲碁将棋

さらば青春の光のM-1 2016決勝の能の漫才が今までで1番きれいな漫才だと書きましたが、そのネタを見る前に1番きれいだと思っていた漫才が彼らの「真似すんなよ」の漫才でした。

キャラで笑わせるというよりシステムで笑わせる系の漫才ですが、頭良いけどちょっと嫌なやつな文田さんとそれに全力で対抗する根建さんという構図も好きです。

根建さんの「もういいよ」の棒読み感はわざとなのかがずっと気になっています。笑

 

予選22位:セルライトスパ

たぶん一番情報を持っていない。。ごめんなさい。

が、どちらかというとコントのイメージかな。

 

予選23位:アイロンヘッド

アイロンヘッドがライブに出てるとなぜだかすごく安心感があります。

2人とも関西の気のいいお兄さんという感じです。しゃべり方が“ザ関西人”というしゃべり方。

毛利さんは天然で、辻井さんはとても器用で歌もうまいし楽器もひける。

準々決勝のネタでやっていた親戚のおっちゃんはリアルに近いのでは?という感じがする。笑

 

予選24位:東京ホテイソン

「【ツッコミの】ツッコミが面白い若手芸人6組!【クセが強い】」でも紹介したコンビです。

ツッコミが独特です。独特なツッコミって真似したくなりますが、東京ホテイソンのツッコミはだいぶ独特なので真似するのはややハードルが高いかもしれないです。笑

東京ホテイソンが出ているライブを前の方の席で見る機会があったのですが、ボケのショーゴ君は近くで見たら(すご〜く良いように言うと)高良健吾くんみたいな感じのイケメンだったので人気出そうです。

ツッコミのたける君はあのスーツと眼鏡でわざと老けてみせてるのでしょうか? 確かに、イケメンであのツッコミしてたら何かブレるような気がします。




予選25位:三四郎

人気者で忙しいだろうに毎年準決勝に残るようなネタを書いていてすごいなと思います。小宮さんのM-1に対する気持ちはすでにTVで人気者である人のそれではない感じがします。

ネタ内で「自分、三四郎さん相田さんから入ったんですよ」「そんなやついねーよ」っていう件がありますが、これってコンビ間の関係が良好じゃないとできない気がします。

小宮さんのイメージが強い三四郎だけど、相田さんの方がよっぽど変だよねということにそろそろみんな気づき始めている気がします。

三四郎が気になる人はぜひラジオを聞いてほしいです。相田さんって変じゃない?っていう気持ちが確信に変わるので。笑

 

予選26位:からし蓮根

今回のM-1で初めてちゃんと認識しました。

自分が九州にゆかりがあるので、コンビ名としゃべり方(方言)にはとても好感を持ちます。

 

予選27位:Aマッソ

女性コンビとしてはかなり異質なコンビ。

女性が入ると、美人とブスの話か恋愛の話が軸の悪口みたいなネタになる人が多いと感じていますがこのコンビのネタはそういう次元ではありません。

というか、女性コンビとしてではなく男性コンビだとしてもわりとぶっとんだネタやっている方に入ります。そんな発想どこからくるの?っていうネタばかりです。

すごく面白いんですがダントツで口が悪いです。笑

 

予選28位:笑撃戦隊

世間的にはやしろ優さんの旦那さんのコンビになるんでしょうか。

人物のキャラありきのネタよりシステムで笑いの起きるネタが個人的に好きなので、とても好みです。

一時期ずっとツッコミをボケより先に言うというネタをしていてそれもすごく面白かったんですが、今年のパターンも面白いです。

また、笑撃戦隊は演技なのか素なのかわからないんですが、ネタ中いつも2人とも楽しそうにしています。

が、それゆえなのか結構時間オーバーになるというイメージもあります。笑

 

予選29位:ランジャタイ

とにかくやばい。ネタを見るとボケの方がやばそうだが、実はツッコミの方がやばい人なところがさらにやばい。ダウンタウンの松ちゃんと発想が被ると言っていたらしい。“ランジャタイ”というコンビ名も織田信長とかしか切り取れなかった天下獲りの証の樹の名前が由来だそうで、実はすごくお笑いに熱い感じなのもやばい。

ラジオでしゃべってるのを聞いたことがあるんですが、やばい夫(伊藤さん)とそれをたしなめる妻(国崎さん)みたいな関係性でした。(国崎さんが相方さんのことを「この人」と呼んでいたので余計にw)

と考えると、国崎さんがネタ中あんなに役に入り込んでやばく見せてるのやばくない?

※“やばい”は褒め言葉です。

 

敗者復活戦結果順位

1位:スーパーマラドーナ
2位:ハライチ
3位:天竺鼠
4位:アインシュタイン
5位:三四郎
6位:南海キャンディーズ
7位:相席スタート
8位:ニューヨーク
9位:さらば青春の光
10位:笑撃戦隊
11位:霜降り明星
12位:大自然
13位:セルライトスパ
14位:見取り図
15位:からし蓮根
16位:囲碁将棋
17位:アイロンヘッド
18位:東京ホテイソン
19位:Aマッソ
20位:ランジャタイ

 

参考:M-1グランプリ 2017 敗者復活戦情報

2018年の情報はまだ出ていないため、参考として2017年のM-1 敗者復活戦の情報を載せます。

日程:12/3 全1回(東京1回)

会場(キャパ):<東京>六本木ヒルズアリーナ(着席約500人、スタンディング約1,000人)

出演組数:20組(準決勝敗退組数ーGyao!ワイルドカードで準決勝進出した1組)

合格者数(決勝進出組数):1組

合格率:5%

合格発表日:当日中(決勝戦の放送内で)

チケット料金:3500円

チケットの取り方:チケットよしもとから購入

チケット情報解禁日:11/13

チケット発売日:11/15~11/17先行発売、 11/22~一般発売

 

それでは。

 

M-1動画を見る

M-1グランプリ2001~2017の決勝
2015,2017の敗者復活戦
2016の準決勝が見られます▼

Amazonプライムビデオ| M-1グランプリ

Amazon Prime会員なら無料です。

 

こちらの記事もおすすめです▼

【Amazonプライム・ビデオ】「カリギュラ」が面白くておすすめ!

2018.09.13

【無料あり】お笑い動画・DVDを見られるおすすめサービス13選

2018.08.27