【M-1グランプリ 2003】【感想】千鳥が面白くない!?

M-1グランプリ2003年のM-1の優勝者はフットボールアワーでした。おめでとうございます!!

M-1グランプリ2003を見た個人的な感想を綴ります。

ちなみに、M-1グランプリ2003はリアルタイムでも見たのですが、最近になって再度amazonプライムで見ました。

ので、2018年に見た感想です。




M-1グランプリ2001~2017の決勝
2015,2017の敗者復活戦
2016の準決勝が見られます▼

Amazonプライムビデオ| M-1グランプリ

Amazon Prime会員なら無料です。

M-1グランプリ2003のポイントとその感想

1.千鳥が面白くない!笑

2018年現在に見ているからこそあえて言うことなのですが、

2003年のM-1の千鳥は本当に面白くないです。(※あくまで個人の感想です)

自分が初めてM-1グランプリをリアルタイムで見たのがこの2003年なのですが、

その時はどんな面白い人が出てくるのだろうと期待して見て

トップバッターに千鳥が出てきて見るのやめようかと思うくらい面白くなかったです。

面白くなさすぎて逆に名前をバッチリ覚えたほどです。笑

結果も9位だったのでしたし、この2003年のM-1グランプリから

今のように千鳥が人気者になることは全く想像できませんでした。

今では自分も千鳥のことが大好きです。

 

2.司会が今田さんになった

2018年現在では司会は毎度今田さんですが、2003年から今田さん司会になりました。

それ以降2018年まで司会に選ばれているだけあって、今田さんの司会はすごく良いです。

後輩にあたる出場者へのいじりもちょうど良いし、先輩にあたる審査員の方への対応もちょうど良くて

今田さんのおかげでM-1自体の雰囲気がだいぶん良くなったと思います。



各組ごとの感想

第9位:千鳥

ネタは「子供の頃の遊び」。

タイトルにもしてしまった通り、個人的には全然面白くなかったです。

司会者・審査員共に「思い切ったネタ」と言われており、

今田さんは「びっくりしたよ、明日のスター作るって言ってるのにエロ漫才って笑」とコメントされていました。笑

見た目の話をすると、大悟さんが痩せていて服もスーツではなくヤンキー口調強めで全体的に今より怖い感じがします。

何度も面白くないと言ってしまっていますが、今の千鳥がやったら笑えるかもしれないなと思うところが今の千鳥のすごさだなぁと感じます。

 

第8位:麒麟

ネタは「色んなアナウンス」。

田村さんは天然というイメージがありますが、正統派のちゃんとしたツッコミです。

ネタ内で「家電が喋ったら便利だ」という設定が出てくるんですが、2018年現在だとあながち嘘じゃない世の中になってるなぁと思いました。

 

第7位:アメリカザリガニ

ネタは「ニュースキャスター」。

2001年から3年連続決勝進出のアメリカザリガニ。

3年連続で出場している、且つ当時のすでに大阪では知名度があり賞もとっていたということでハードルが上がって評価が辛くなっていたように感じます。

 

第6位:スピードワゴン

ネタは「さっちゃん」。

童謡のさっちゃんを使ったネタのため、amazonプライムでは一部ネタがカットされています。

全編歌を使ったネタのためオールカットかと思いきや、そのままの曲で替え歌しているところは字幕まで出ます。

見る人にちゃんと配慮されていて感動しました。

となると、2016年の銀シャリのドレミの歌のネタもオールカットしなくても出せそうなのですが。。

 

第5位:りあるキッズ

ネタは「結婚生活」。

当時18才でのM-1決勝進出!

2018年現在では20代前半のコンビがM-1の準決勝進出でもすごいと言っていたのですが、

18才でこんなにしっかりした漫才できるのか!と。

これを見ると結局解散してしまったのは悲しいな・・・と思います。

 

第4位:二丁拳銃

ネタは「ピクルス抜いてください」。

ラストイヤーで初登場の二丁拳銃。

ボケ数も多くてテンポの良い漫才でした。敗者復活のアンタッチャブルの勢いがなければ決勝いけてたと思うと惜しいです。

 

第3位:アンタッチャブル

ネタは1本目が「ファーストフード」で2本目が「親友」。

M-1グランプリ2003の敗者復活枠のアンタッチャブル。

初めて敗者復活から最終決戦3組に残りました。

2本とも2018年現在に見ても古さを感じず面白いネタです。

この漫才が見られなくなったのは悲しいなぁと思います。

見た目の話をすると、2人ともほとんど変わっていないのですが、ザキヤマさんちゃんとジャケット着ています!



準優勝:笑い飯

ネタは1本目が「歴史民俗博物館」で2本目が「学校の特別授業」。

2002年突如現れ3位という結果を残した後の2003年。

前年の勢いを落とすことなくむしろ完成度をあげてきています。

出番順は4番でしたが、会場の笑い声の大きさがそれまでの3組とは明らかに違うことが画面越しでもわかります。

結果も、審査員のほとんどが90点代の点数をつけており紳助さんは99点をつけています!

 

優勝:フットボールアワー

ネタは1本目が「結婚記者会見」で2本目が「タクシー」。

2002年準優勝だったフットボールアワー。

ファーストラウンドのネタからめちゃくちゃウケていて、審査員も大絶賛でした。

松本さんの審査コメントの第1声が「おもろい!」で紳助さんは「完璧!」とコメントされていました。

2本目のネタでは1本目のネタを引っ張って笑いをとる余裕もあり、納得の優勝でした。

 

M-1グランプリ2003 まとめ

今田さんが司会になったことで少し空気が軽くなったように思える2003年。

さらにバラエティ色が強まる2004年に続きます。

 

それでは。

 

M-1動画を見る

M-1グランプリ2001~2017の決勝
2015,2017の敗者復活戦
2016の準決勝が見られます▼

Amazonプライムビデオ| M-1グランプリ

Amazon Prime会員なら無料です。

 

こちらの記事もおすすめです▼

【Amazonプライム・ビデオ】「カリギュラ」が面白くておすすめ!

2018.09.13

【無料あり】お笑い動画・DVDを見られるおすすめサービス13選

2018.08.27