お笑い芸人が書いた本 8選

この記事では、お笑い芸人が書いた本を紹介します。

芸人が書いた本の紹介

若林正恭「ナナメの夕暮れ」

created by Rinker
¥1,320 (2019/11/20 02:04:54時点 Amazon調べ-詳細)

オードリー若林さんによるコラム集です。

私のことが書いてあるのかと思うくらい共感できるところがたくさんあってびっくりしました。1人でいても寂しくないのは頭の中で自分とめちゃくちゃ喋ってるからとか、偏頭痛持ちのところとか。

周りの人も自分と同じように考え悩んでいるはずなのにあんなに快活に生きていてすごいなと感じていたのですが、自分がただ考えすぎだったのか〜と気付かされたところもありました。

若林さんと同じように考えすぎて生きづらさを感じている人は一定数いると思うので、そういう人はめちゃくちゃ共感できる本です。

マシンガンズ 滝沢秀一「このゴミは収集できません ゴミ清掃員が見たあり得ない光景」

マシンガンズ滝沢さんによるゴミ清掃員として働いている経験に基づく本です。

内容は私たちが普段捨てているゴミについての話で、面白いというよりためになるという感じの本です。

ちなみに、私はこれを発売されて間も無くamazonでポチったのですが届くまで1ヶ月以上かかるほど人気の本でした(!)

芸人だけでは食べていけなくてゴミ清掃員として働いているというのはネガティブに捉えがちですが、それを書籍化まで押し上げたのがすごい。近々、奥さん作画で漫画化もされるそうです。

山田ルイ53世「一発屋芸人列伝」

created by Rinker
¥1,430 (2019/11/20 18:24:47時点 Amazon調べ-詳細)

髭男爵の山田ルイ53世さんが”一発屋芸人”たちに自身でインタビューして書かれた本です。

いわゆる”一発屋”と言われている芸人さんたちの「ブームに至るまでの経緯」と「ブームを終えてから今までのこと」が綴られています。

1人1人のパートは20~30ページほどで決して長くないのですが、その芸人さんの人柄がとても良く伝わってきて載っている人みんなのことが好きになります。

色んな人が売れては消えていくと言いますが、せいぜいその人の絶頂時しか見ていなかったのだなと気づかされます。

特に印象に残ったのは「テツandトモ」の話でした。思っている何倍もすごい人たちなのがわかり、ぜひ生で見たいと感じました。

詳細は下記の記事に書いています▼

一発屋芸人のその後がわかる?!「一発屋芸人列伝」レビュー

2018年9月15日

ヒロシ「働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける」

「ヒロシです」で人気となったヒロシさんによる働き方に関する本です。

ヒロシさん自身がYouTubeでキャンプ動画を配信して成功したことをもとに、新しい働き方について書かれています。

内容的に自己啓発要素が強めの本ではありますが、その他の自己啓発本とは違い、ネガティブ思考が根源になっているところがヒロシさんっぽいところです。タイトルが”働き方1.9″なのも2.0には足りてないと思うからだそうです。

特に好きだったのが「有言実行ではなく無言実行」という話です。自己啓発系の本って「先にやりたいことを宣言してやらなきゃいけない状況作ろうぜ!」みたいな意見の方が多いですが、誰にも言わずに色々やってみてダメだったらやめれば良い、成功したらラッキーという姿勢だそうです。実際、繊細な人はこっちの方が向いていると私も思います。

ネガティブながらも自分のしてきたことを冷静に分析されていて納得感があり、ヒロシさんってビジネス向いてる人なんだなと感じました。

参考:ヒロシちゃんねる – YouTube

又吉直樹「火花」

created by Rinker
¥330 (2019/11/20 09:23:54時点 Amazon調べ-詳細)

ピースの又吉さんによる芸人を主人公とした小説です。

芥川賞受賞作品で、ドラマ化・映画化もされています。

お笑い好きとしては、芸人として成功することの大変さがわかり、お笑いやっている人をもっと応援したくなります。

ただ、サクセスストーリーというわけではないので、実際に芸人をやっている人が読んだら結構辛いかもな、と思ってしまう本でもあります。

山崎ケイ「ちょうどいいブスのススメ」

created by Rinker
¥1,100 (2019/11/20 18:24:48時点 Amazon調べ-詳細)

相席スタート 山崎ケイさんによる恋愛テクニックならびに生き方に関する本です。「人生が楽しくなる幸せの法則」としてドラマ化もされました。

パッと見だと「美人じゃない人でも使える恋愛テクニックが書いてある本」というイメージだと思いますし、もちろん恋愛テクニック的なことも書いてあります。

ただ、それだけでなく、相手・自分・その場にいる人がいかに楽しく過ごせるかについてケイさんが考え抜いた気遣いの方法が書かれている本でもあります。

山里亮太「天才は諦めた」

created by Rinker
¥682 (2019/11/20 18:24:49時点 Amazon調べ-詳細)

南海キャンディーズの山里さんの思いが、これでもかと書いてある本です。

仲が悪いと言われていた南海キャンディーズですが、実際に山ちゃんがどんな思いだったのかがよくわかります。自分がしずちゃんに対してやってしまった意地悪なことなどもちゃんと書いてあります。

南海キャンディーズは復活後のM-1グランプリに再度挑戦していますが、この本に書いてあるような色々を経て出場に至ったのだと思うと感動すら覚えます。だからこそ、ラストイヤーで決勝の舞台で見たかったです。。

横澤夏子「追い込み婚のすべて」

created by Rinker
¥2,480 (2019/11/20 02:04:55時点 Amazon調べ-詳細)

横澤夏子さんによる結婚するためのメソッドが書かれた本です。2017年にご結婚された横澤夏子さんが、自身が結婚するためにどのように考え行動してきたかを書かれています。

横澤夏子さんがいつもの早口で話されているようなスピード感と、”とにかく動く”という行動力とそのパワーが本全体から感じられます。

それでは。