【2019年注目】【若手芸人】1990年代生まれコンビ8組!

この記事では「2019年注目したい1990年代生まれの若手芸人コンビを紹介します。

2017年の記事ですが、東京のお笑いライブシーンを支えるK-PRO代表の児島さんがこんなことをおっしゃっていました。

――2004年にK-PROを立ち上げてから13年以上がたちました。最近の若手芸人の傾向は何か感じますか?

児島: 「20代前半くらいの若い世代の芸人さんがすごく増えています。その世代が今までとちょっと違うのは、漫才やコントを子供の頃からインターネットでたくさん見てきたということです。だから自然と初めからうまい芸人さんが増えてきたように思いますね。それよりちょっと上の世代だと、NHK『オンエアバトル』など一部のネタ番組でしかお笑いを見ることができなかったですから。

引用元:https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/530607/

<沢野奈津夫, 【インタビュー】劇場からお笑いシーンを支えるK-PRO代表・児島気奈「にゃんこスターの勢いはライブでもすごかった」, トレンドニュース, 2017/11/10(最終閲覧日:2018/09/14)>

お笑いライブをよく見に行く私も、確かに20代の人を見る機会が増えてきたなぁと感じています。

そこで、これから注目していきたい1990年代生まれの若手芸人コンビをまとめました。

1990年代生まれの若手芸人コンビ

若手芸人コンビ1:東京ホテイソン

メンバー:​たける/ショーゴ (公式プロフィール)

グレープカンパニー 所属。’95年生まれ(たける)と’94年生まれ(ショーゴ)のコンビです。

【ツッコミの】ツッコミが面白い若手芸人6組!【クセが強い】」でも紹介しており、備中神楽を生かした独特のツッコミスタイルの漫才をしています。すごく真似したくなる言い方です。

たけるさんの衣装があまり若く見えないのですが、あの衣装の色とメガネがツッコミのスタイルにすごく合っています。

 

若手芸人コンビ2:宮下草薙

メンバー:草薙航基/宮下兼史鷹(公式プロフィール)

太田プロ所属。’91年生まれ(草薙)と’90年生まれ(宮下)のコンビです。

ボケの草薙さんがとにかくネガティブな発言をするネタをしています。

最初は「何だこの挙動不審な人は・・・」という感じだったのですが、だんだんとむしろ可愛らしく見えてくるのが不思議です。笑 「そんなことないよ、大丈夫だよ」と言ってあげたくなります。笑

アメトーーク!の「人見知り芸人」にも草薙さんが出演しており、ネタのキャラそのままで面白かったのでバラエティでの活躍も期待しています。

若手芸人コンビ3:Gパンパンダ

メンバー:星野光樹/一平(公式プロフィール)

ワタナベエンターテインメント所属。2人とも’92年生まれのコンビです。

2018年のNHK新人お笑い大賞で優勝したGパンパンダのネタです。

年末にライブで初めてネタを見たのですが、めちゃくちゃめちゃくちゃ面白かったです。
また、この動画を貼っているネタって、受験勉強とかちゃんと頑張ってきた人のネタだな〜〜という感じがするところも好きです。

でも、こんなに頭良くて見た目も良くて若くて面白い人が出てくると、何でも持ちすぎだよ〜〜と勝手に悔しくなります。笑

若手芸人コンビ4:魔人無骨

メンバー:髙比良くるま/松井ケムリ(公式プロフィール)

よしもと所属。’94年生まれ(高比良)と’93年生まれ(松井)のコンビです。

2018年のM-1グランプリでは、ワイルドカードで準決勝まで進出しています。

最近はツッコミに特徴のあるコンビが増えていますが、魔人無骨はボケの連発のネタで面白く、逆に新鮮に見えます。

ボケの連発はやり尽くされたからこそツッコミにスポットが当たっている気がするのですが、まだまだこの形でこんなに面白い人たちいたのかと驚きすら覚えました。

若手芸人コンビ5:ナイチンゲールダンス

メンバー:中野なかるてぃん/ヤス(Wiki)

よしもと所属。’94年生まれ(中野)と’93年生まれ(ヤス)のコンビです。

ヤスさんの方は見た目通り男気溢れる人らしく、当時バラバラだった学生芸人サークルの大会をまとめた人だそうです。

一方で、中野さんは一橋大学卒業のエリートです。

2人のキャラクターもそうですが、声も高いと低いで対照的でバランスが良いです。

若手芸人コンビ6:ストレッチーズ

メンバー:福島敏貴/高木貫太(公式プロフィール)

太田プロ所属。’92年生まれ(福島)と’91年生まれ(高木)のコンビです。

ボケの福島さんが強めの主張をするネタがメインですが、ネタは高木さんの方が書いているそうです。

ネタを書いている高木さんはもちろんすごいですが、それをまるで自分の言葉のようにしゃべっている福島さんも見なかなかすごいです。

2人とも声が大きくて通るので見ると元気をもらえます。

若手芸人コンビ7:ペコリーノ

メンバー:クロコダイルミユ/植木おでん(公式プロフィール)

よしもと所属。’95年生まれ(クロコダイルミユ)と’94年生まれ(植木おでん)のコンビです。

学生芸人出身でお笑いサークル団体戦NOROSHIという大会で優秀だったため、よしもと所属になったとのことです。

植木さんが相方にやらせたいことやってるだけでは?と疑ってしまうような、とにかく気持ち悪いネタが多いです。笑

貼っている動画はネタではないのですが気持ち悪いです。ちなみに公式YouTubeチャンネルの名前も「きもちゅーぶ」です。笑

男女コンビでああいうネタができるのはすごいなぁと思ってしまいます。

一方で、女性の方はかわいらしい見た目ですが「クロダイルミユ」という独特な芸名でちょっと不思議な感じです。

若手芸人コンビ8:さすらいラビー

メンバー:宇野慎太郎/中田和伸(公式プロフィール)

太田プロ所属。’91年生まれ(宇野)と’91年生まれ(中田)のコンビです。

ボケの中田さんがアメリカ映画の吹き替えのような振る舞いをするネタがメインです。すごくその雰囲気が出ています。

26cmの身長差があり、見た目的にも印象に残るコンビです。

それでは。

こちらの記事もおすすめです▼

お笑い動画を見られる動画配信サービス10選【無料期間あり】

2018年8月27日

【Amazonプライム】「カリギュラ」のおすすめ回3つ

2018年9月13日