【2019年注目】1990年代生まれの若手芸人7組!【お笑い第7世代】

この記事では「2019年注目したい1990年代生まれの若手芸人コンビを紹介します。

1990年代生まれの若手芸人【お笑い第7世代】

若手芸人1:霜降り明星

メンバー:​せいや/粗品 (公式プロフィール)

よしもと所属。

’92年生まれ(せいや)と’93年生まれ(粗品)のコンビです。

「お笑い第7世代」というのを言い出したのが、霜降り明星のせいやさんらしいです。(本人も意図しないくらい広がってしまったらしい)

M-1グランプリ2018にて最年少で優勝したことはもちろん、2人とも面白くて本当になんでもできる!

 

若手芸人2:宮下草薙

メンバー:草薙航基/宮下兼史鷹(公式プロフィール)

太田プロ所属。

’91年生まれ(草薙)と’90年生まれ(宮下)のコンビです。

ボケの草薙さんがとにかくネガティブな発言をするネタをしています。

最初は「何だこの挙動不審な人は・・・」という感じだったのですが、だんだんとむしろ可愛らしく見えてくるのが不思議です。笑 「そんなことないよ、大丈夫だよ」と言ってあげたくなります。笑

若手芸人3:四千頭身

メンバー:都築拓紀/後藤拓実/石橋遼大(公式プロフィール)

ワタナベエンターテイメント所属のトリオ芸人です。

3人とも20代前半で年齢も若く、まさに今時の若手トリオ!という感じです。

四千頭身のネタは、ツッコミの後藤さんのテンション低めのツッコミが特徴的なのですが、普段はもっとテンション高いけど低い方が面白いからわざとやっていると何かで聞いて、そんな計算もできるのか怖いとさえ思いました。笑

 

若手芸人4:東京ホテイソン

メンバー:​たける/ショーゴ (公式プロフィール)

グレープカンパニー 所属。’95年生まれ(たける)と’94年生まれ(ショーゴ)のコンビです。

備中神楽を生かした独特のツッコミスタイルの漫才をしています。すごく真似したくなる言い方です。

 

若手芸人5:かが屋

メンバー:加賀翔/賀屋壮也 (公式プロフィール)

若手コント師の注目株筆頭が、かが屋です。

2015年結成・1993年生まれの2人で、結成歴年齢共に正真正銘若手のコンビです。

心温まるネタが多くてほっこりしますし、加賀さんの表情がとても良くてひきこまれます。

 

若手芸人6:Gパンパンダ

メンバー:星野光樹/一平(公式プロフィール)

ワタナベエンターテインメント所属。2人とも’92年生まれのコンビです。

2018年のNHK新人お笑い大賞で優勝。

また、この動画を貼っているネタって、受験勉強とかちゃんと頑張ってきた人のネタだな〜〜という感じがするところも好きです。

でも、こんなに頭良くて見た目も良くて若くて面白い人が出てくると、何でも持ちすぎだよ〜〜と勝手に悔しくなります。笑

 

若手芸人7:令和ロマン

メンバー:髙比良くるま/松井ケムリ(公式プロフィール)

よしもと所属。’94年生まれ(高比良)と’93年生まれ(松井)のコンビです。

2018年のM-1グランプリでは、ワイルドカードで準決勝まで進出しています。

最近はツッコミに特徴のあるコンビが増えていますが、令和ロマンはボケの連発のネタで面白く、逆に新鮮に見えます。

ボケの連発はやり尽くされたからこそツッコミにスポットが当たっている気がするのですが、まだまだこの形でこんなに面白い人たちいたのかと驚きすら覚えました。

若手芸人8:ストレッチーズ

メンバー:福島敏貴/高木貫太(公式プロフィール)

太田プロ所属。’92年生まれ(福島)と’91年生まれ(高木)のコンビです。

ボケの福島さんが強めの主張をするネタがメインですが、ネタは高木さんの方が書いているそうです。

ネタを書いている高木さんはもちろんすごいですが、それをまるで自分の言葉のようにしゃべっている福島さんも見なかなかすごいです。

 

若手芸人9:さすらいラビー

メンバー:宇野慎太郎/中田和伸(公式プロフィール)

太田プロ所属。’91年生まれ(宇野)と’91年生まれ(中田)のコンビです。

ボケの中田さんがアメリカ映画の吹き替えのような振る舞いをするネタがメインです。すごくその雰囲気が出ています。

26cmの身長差があり、見た目的にも印象に残るコンビです。

それでは。

 

こちらの記事もおすすめです▼

お笑い動画を見られる動画配信サービス10選【無料期間あり】

2019年4月27日

【Amazonプライム】「カリギュラ」のおすすめ回3つ

2018年9月13日