お笑いニュースまとめ(2018年5月)

2018年5月のお笑い関連ニュースの中から自分が気になったものをとりあげ、

気になった順に勝手にランキングしてコメントしてます。

参考元は主に「お笑いナタリー」です。




【10】SHOWROOMでよしもと芸人の新番組続々、笑い飯やアキナがMCに

https://natalie.mu/owarai/news/282549

正直SHOWROOMのことはほとんど知らなかったのですが、石原さとみさんの熱愛報道で前田さん(SHOWROOM社長)のことが気になって。

調べてみると、SHOWROOMの特性的に芸人でも活用できるんじゃないかと思ったらすでにやってました。

個人的には、世間的な知名度はないけどSHOWROOMだとすごく人気、という人が芸人でも出てきてほしいです。(自分が知らないだけですでにいる?)

 

【9】GAG少年楽団が改名「12年間うっすらウソを」、6月から「GAG」に

https://natalie.mu/owarai/news/282878

「今更?」って言うのが正直な気持ちで。笑

確かに「少年」でも「楽団」でもないですが、運気的なことを変えたいという方が大きいのかなと思います。

もしくは、ニュース後半に書いてあるYouTubeチャンネルの宣伝かな。だとしたら、6/2時点でまだ「GAG少年楽団公式チャンネル」になってるのはダメじゃないか・・・とちょっと思った。

 

【8】ピンポンパンポンピーン、ジャルジャル漫才「変な校内放送ゲーム」がアプリに

https://natalie.mu/owarai/news/280668

ジャルジャルってこういう新しいことをよくやっているイメージ。

ジャルジャル発案じゃなくて、やりましょうよって誰かに言われただけかもしれませんが。

ひと昔前だと、こういうのはせいぜい着ボイスになるくらいだったのがアプリになっちゃうのがすごい。

自分もやってみましたが、ジャルジャルのピンポンパンゲームを再現する反射神経が試されるようなゲームです。

スライドする時の「シュッ」っていう音とかが本人の声なところが地味にツボです。笑

 

【7】「吉本坂46」3次審査の芸人勢トップはエハラマサヒロ、水着審査へ

https://natalie.mu/owarai/news/282497

秋元さんプロデュースということで期待はしているのですが、いまだにどんなグループになるかつかめない吉本坂。

人数も未定とのことなので何次審査まであるのかもわからない。。どちらかというと、結成メンバーが早く見たいです。

先に書いたSHOWROOMはこちらでも活用されそう。



【6】ジョイマン、「サイン会0人事件」のリベンジ成功!チケット完売で解散回避

https://natalie.mu/owarai/news/282052

おめでとうございます!

解散と言えば誰でも集まるかって言ったらそうでもないですからね。写真を見る限り男性ファンが多そうですが。

最近のジョイマンは一発屋ということを最大限に生かしている気がします。

 

【5】結婚・出産より今はお笑いに徹したい――30代「女性芸人」の葛藤

https://news.yahoo.co.jp/feature/964

「THE W」開催を聞いたとき、何でわざわざ”女性芸人”だけで括るの?という違和感があったのですが、まだまだ男性との溝があるんだなと感じました。

女性は何の仕事してても正直見た目の問題から完全に離れることはできないと思うので、割り切ってそれを生かした方が賢いのかなぁと思ったりもします。

出産を意識すると女性は20代・30代をかなり計画的に過ごさないといけないのも芸人さんだけの話でもないですしね。

 

【4】相席ケイ、“ちょうどいいブス”に「迷いはない」尼神インター誠子に自著を推薦

https://natalie.mu/owarai/news/280481

こちらの「【相席スタート】「ちょうどいいブスのススメ」のススメ【山崎ケイ】」でも紹介。

ジャンポケの太田さんに「ちょうどいいブス」と言われてから今のスタンスになったというケイさん。

それで本まで出しちゃうのがすごい。1個前のニュースで女性芸人はまだまだ出方が難しいと言われている中で、着実にキャラが確立してきています。

ニュース記事で言及されている尼神インターの誠子さんとの対談の記事も面白いです。

誠子さんの「ブスいじりが止まらなくて席につけなかった」というエピソードが衝撃的。

 

【3】サンドウィッチマンら“直球なコンビ愛”も話題 仲良しコンビ需要続く理由とは?

https://www.oricon.co.jp/special/51190/

自分が仲の良いコンビとして最初に認識したのは、おぎやはぎでした。

でもそれは”直球なコンビ愛”というよりは、お互いを好きだというネタみたいなところがあって(実際仲良いのだとは思いますが)。

最近は本当に単純に仲の良いエピソードを話す、という機会が確かに増えているように感じます。

面白さに仲の良さは関係ないむしろ邪魔だという人もいると思いますが、見ている側として仲が良いコンビの方が見ててほっこりするという感覚はすごくわかります。

記事にも書いてありますが、ネットでネガティブなことが拡散されることが今は大きなマイナスに繋がるので、好感度的なことがますます大事になり、この傾向はまだまだ続く気がします。

 

【2】バカリズム「今後も形にとらわれず面白い作品を」向田邦子賞の贈賞式で意欲

https://natalie.mu/owarai/news/284236

バカリズムさんって何本脚本書いてるの?ってくらい書いてますよね。

「架空OL日記」はもともとブログだったそうですが、自分はドラマになってからその存在を知りました。

女性ばかりだからのドラマだからと言ってドロドロした悪口の言い合いとかではなく、ただのなんてことない会話が展開されツッコむときは心の中で、というところがすごくリアルで。

首から上は全く女装せずにOLの格好をしているバカリズムさんが不思議と違和感なく溶け込んでいるのも良かったです。

他のバカリズムさん脚本のドラマでは「黒い十人の女」も面白かったです。脚本はもちろんだけど、水野美紀さんが面白すぎた。

 

【1】「キングオブコント2018」開催決定、ルール改定で決勝ネタ時間5分に

https://natalie.mu/owarai/news/283508

キングオブコント は本当によくルールが変わる。

今回の変更ポイントは「準々決勝〜決勝までのネタ時間が4分だったのが5分に」。

そもそもの決勝進出組については言及されてませんが、変更の内容にも入っていないので今まで通り10組かと思います。

それが今までより各組1分ずつの計10分伸びるので、ファイナルステージは10分÷5分=2組減らして「決勝のファイナルステージ進出が5組から3組に」なるのかと。

準々決勝まで上がれる組数も時間の関係で昨年までより減る可能性がありますね。。

5分になったことはやる側としては嬉しい変化なのか、見る側としてはそもそもその変化に気づくのか、気になるところです。

 

それでは。