【キングオブコント 2015】【感想】審査制度が大幅変更!KOCの転換期!?

キングオブコント2015年の優勝者はコロコロチキチキペッパーズでした。おめでとうございます!!

キングオブコント2015を見た個人的な感想を綴ります。

ちなみに、キングオブコント2015は過去にも見ていたのですが、

最近になって再度見たので2018年に見た感想です。



キングオブコント2015のポイントとその感想

1.審査員制度が大幅に変更!キングオブコントの転換期となる年?!

キングオブコントの審査は例年、準決勝で敗退した芸人が審査する方式で行われてきました。

しかし2015年からはM-1グランプリと同様に審査員制度が導入されました。

審査員となったのは、ダウンタウン松本さん・さまぁ〜ずの2人・バナナマンの2人です。

(バナナマンは第1回大会(2008年)では挑戦者側だったのですがこの7年で審査員になるまでになってしまいました !)

この審査員制度が導入されたことで、キングオブコントで評価されるネタがガラッと変わりました。

やっぱり、自分のライバルとなる人を審査するのと自分のだいぶん後輩を審査するのとでは点数のつけ方が違ってきます。

2015年からの審査方法の方が一般にも受け入れられやすいネタが評価されるようになったと思います。

 

各組ごとの感想

※ネタタイトルは勝手につけたものです。

第10位:さらば青春の光

ネタは「芸術家」。

驚異の4年連続決勝進出のさらば青春の光。

ですが、この2015年のこのネタはKOCのさらば青春の光史上1番スベっていました。。

準決勝ではすごくウケていたと聞いていましたし、2014年までのように準決勝敗退芸人による審査だったら評価されていたような気もします。

個人的に、さらば青春の光のネタは森田さんがツッコミのネタの方が面白いと思います。(今回のネタは東口さんがツッコミ)

 

第9位:うしろシティ

ネタは「悪魔召喚」。

金子さんのおじいちゃんの声が上手いし、阿諏訪さんの悪魔役もハマっていました。

が、コロチキが大爆笑をとった直後の出番だったので少々厳しかったようです。

審査コメントにて松本さんが「コストパフォーマンスが悪い」とネタ中のワードを拾ってコメントされているのがさすがすぎました。

 

第7位(同立):巨匠

ネタは「寿司屋」。

最初にこのネタを見た時は衝撃的でした。個人的にはめちゃくちゃ好きなネタです。

ああいうやばい役をやらせたときの岡野さんのハマり具合は異常。本当に足固められているように見えました。笑

ただ、冷静に考えると一般的には受け入れられないテレビ向きではないやばすぎる設定ですね。笑

2018年現在巨匠は解散してしまっているのですが、改めてコンビ解散は惜しいなぁと思ってしまいました、、

 

第7位(同立):ザ・ギース

ネタは「ビフォーアフター」。

このネタはザ・ギースのことを知っている人からしたらすごく面白いのですが、全く知らない人からしたらビフォーの時間は不安でしかなかったと思います。笑

単独ライブでやったら会場がめちゃくちゃ盛り上がりそうなネタでした。

 

第6位:アキナ

ネタは「ライブに行けなかった」。

正直ちょっと炎上してしまいそうなネタだと思ったのですが、順位がそこまで悪くないのがアキナのすごさな気がします。

「鳥やん」の言い方がポップだったからでしょうか。

 

第5位:藤崎マーケット

ネタは1本目が「路上パフォーマー」で2本目が「お化け屋敷」。

1本目のネタは、シンプルな構成ですがトキさんの動きが上手で面白いです。

ただ、王道のコントという感じではなくどちらかというと静かなコントだったのでトップバッターは不利だったなと思います。

審査員の5人が点数をつけるのに悩まれる気持ちもわかります

 

第4位:ジャングルポケット

ネタは1本目が「浮気」で2本目が「空港に行きたい」。

1本目のネタはおたけさんがツッコミ、2本目のネタは斉藤さんがツッコミです。

個人的にジャンポケのネタは斉藤さんが翻弄されてツッコミに回るネタの方が面白いです。

2016年・2017年のネタも斉藤さんツッコミのネタをやっています。

ただ、同じ斉藤さんツッコミのネタでも2016年からのネタの方がぐっと面白くなっています。(これは2016年の感想記事に書くことかもしれない。笑)

 

第3位:ロッチ

ネタは1本目が「更衣室」で2本目が「ボクサー」。

1本目は、自分が同じくKOCに挑戦している若手芸人だったら「ずるいなぁ〜〜〜」と思ってしまうだろうなというネタでした。

中岡さんがあんな役やったら面白いに決まってるやん!!という感じで。

なんでただ着替える前に開けただけであんなに面白いんでしょうか・・・!

その面白さでファーストステージ1位通過だったロッチでしたが、2本目ではまさかのファイナルステージ最下位得点を記録しています。笑

本番当日はロッチの点数が出た時点でコロチキの優勝が決定したため紛れていたのですが、実は後世に語り継がれるほどの滑りようでした。笑

 

準優勝:バンビーノ

ネタは1本目が「呪文」で2本目が「マッサージ」。

1本目は前年のダンソンに引き続き動物役の藤田さん。

藤田「昨年と同じ全身タイツです」笑

2年連続で動物役をやるだけあって(?)すごく似合っていました。というか可愛い。笑

シンプルなネタでしたが、藤田さんのかわいさで面白さがアップしている気さえしました。

2本目は、個人的にこのKOC2015で一番笑ったネタです。

ダンソンといい、この2015年の2本のネタといい、バンビーノは耳に残るリズムを作るのが得意ですね。

 

優勝:コロコロチキチキペッパーズ

ネタは1本目が「友達」で2本目が「卓球ダブルス」。

1本目は準決勝の会場でもその日1番の大爆笑をとっていました。決勝でも同じく大爆笑が起こっていてすごかったです。

2本ともシンプルな構造のネタですがすごくウケていました。

ただ、2014年までと同じ審査方法だったら結果が変わっていたような気もします。

 

その他個人的に好きだったところ

@さらば青春の光の得点(低い)が出たあとのコメント:吉田アナ

「まだまだ32点差なので・・・」

決してわざとじゃないのでしょうが、追い討ちをかけるような発言で面白かったです。笑

 

まとめ

2015年のキングオブコントは、2014年までと明らかに系統が変わりました。

2013年優勝がかもめんたる、2014年優勝がシソンヌだったことを思い出すとかなりポップになりました。

この審査制度が続く限り、ポップで一般ウケするネタが評価される傾向が強まりそうです。

 

おまけ:歴代のキングオブコントを無料で見る方法

TSUTAYAの「動画見放題&定額レンタル8」の30日間無料トライアルに登録すると、期間内であればDVDが8枚まで無料で見られます!(入会から30日間が無料期間です)

対象が「新作・準新作などを除く 動画見放題対象作品 (約8,000タイトルの中から)」となっていますが、キングオブコントのDVDは全て対象になっています。

キングオブコントは2014年までしかDVDが出ていないため2015年以降は見ることができませんが、

過去の大会が見たくなったらこのサービスで見るのが一番お得です。

 

それでは。

 

こちらの記事もおすすめです▼

【キングオブコント】過去動画を見るならTSUTAYAの宅配レンタルがオススメ

【キングオブコント 2016】【感想】優勝のキーワードは”9″!?