「腐り芸人セラピー」での徳井さんの名言を聞いてほしい

「ゴッドタン」の企画の1つである「腐り芸人セラピー」をご存じでしょうか。

ハライチの岩井さん・インパルスの板倉さん・平成ノブシコブシの徳井さんの3人が、売れなくて”腐り”かけている若手芸人の悩みを聞くという企画です。

その中での徳井さんが金八先生くらい熱いことを言っていて大好きなんです。芸人でない自分にも刺さることを言ってくれます。そんな徳井さんの名言を紹介します。

 

徳井さんの名言

「足掻いた時にこそパワーが出る。安定が見えちゃったらつまんない」

第2回(2018/05/19放送回)より

「ニューヨークは面白いし、王道だから何もしなくて良い」という先輩方の言葉を信じて特に奇抜なことはやってこなかったが「まだこのまま何もしなくて大丈夫?」というニューヨークからの質問に対する徳井さんの名言です。

アイドルでも芸人でも足掻いた時にこそパワーが出る。ニューヨークはある程度仕事があってバイトもしてなくて安定しているのがお客さんもわかっているから、その足掻きがお客さんに見えていない。安定が見えちゃったらつまんない。3000人キャパのライブをやるとかライブ代1万円にするとか、失敗しても良いからやっていくべき。

芸人でなくてもそうで、何でも現状を変えていこうとするアクションがないと何も変わらないし、そうした努力が周りの人にも伝わっていくことで状況が好転していくのだということに気づかされました。

 

「”自分が”と思ってやっているところを”人に”と思ってやってみ」

第3回(2018/09/01放送回)より

「今のお笑い界に自分という存在は必要なのか、自分みたいな人は必要とされていないのではないか」というフルーツポンチ村上さんからの質問に対する徳井さんの名言です。

村上は自分のためにお笑いやってるからウケないんだよ。
俺も、俺みたいなもんがTVに出ること無駄だし邪魔だと思っていたけど、俺のことを本当に使いたいと思ってくれるTVスタッフの人や、ファンがいるならやろうと思ってやっているだけ。自分が売れようとか金もらおうとか思ってやっていない。
お前も”自分が”ウケないと思ってやっているところを”人に”と思ってやってみ。全部ウケるから。

自分も反省しなきゃなぁと思いながら聞いた名言。「自分なんか」と思っている時って他人に迷惑かけたくないというより本当は自分が傷つきたくないときだったりします。

「自分が」どうなるかではなく「人に」どう思ってほしいかと考えると同じことをするでも心持ちがだいぶ変わってくるし、人を軸にするとどうやったらもっと良くできるかを考えられるんだよな、ということに気づかされました。

 

「腐り芸人セラピー」徳井さん名言まとめ

自分で書いていて、バラエティ番組から真剣にメッセージ受け取りすぎじゃないかとも感じましたが笑、そう思ってしまうくらい毎回良いことを言ってくれるのが徳井さんです。

お笑いに対する分析が光る名言もおっしゃっているので、気になる方はぜひフル動画を見てください。

ネットでは第2回・第3回「腐り芸人セラピー」が「ゴッドタン最新話見逃し」として配信されており、ビデオマーケットかNetflixだと安く見られます。

ビデオマーケットでは、ゴッドタンは見放題動画には含まれずポイント購入になるのですが、初月無料キャンペーンを使えば実質100円ほどで2回分見られます。
Netflixでは見放題動画に含まれているので今まで加入したことない人は初月無料で見られます。
>>ビデオマーケットの詳細はこちら
>>Netflixの詳細はこちら

 

それでは。

 

こちらの記事もおすすめです▼

【無料あり】お笑い動画・DVDを見られるおすすめサービス13選

2018.08.27

【amazonプライムビデオ】「カリギュラ」が面白くておすすめ!

2018.09.13