ナベプロ芸人が熱い!おすすめの若手10組!

この記事では、これから人気が出そうなナベプロの若手芸人10組を紹介します。

ブルゾンちえみwithB、にゃんこスター、サンシャイン池崎、あばれる君・・・・

今あげた方は全員ナベプロ(ワタナベエンターテインメント)所属の芸人です。

このように、ナベプロからはブームとなるような人気芸人が多く輩出されています。

ここで紹介するナベプロの若手芸人10組をおさえておけば次世代の人気者を先取りできるかも?!



今までに売れたナベプロ芸人は?

冒頭であげたように、ナベプロからは一大ブームとなるような人気芸人が数多く出ています。

また、ネタ中のフレーズが印象的で流行ることも多いです。

例として今までブームになったナベプロ芸人とその代表的フレーズを紹介します。

芸人名 フレーズ
ブルゾンちえみ with B 「35億」
平野ノラ 「OK!バブリー」
サンシャイン池崎 「イエェェェェェェイ」
クマムシ 「あったかいんだからぁ」
厚切りジェイソン 「Why Japanese people?」
アンガールズ 「ジャンガジャンガ」
ザブングル 「悔しいです」
クールポコ。 「な〜に〜?やっちまったな」
Wエンジン 「惚れてまうやろー」
我が家 「言わせねーよ」
フォーリンラブ  「イエス、フォーリンラブ」
にしおかすみこ 「どこのどいつだ〜い? あたしだよ」
波田陽区 「残念」
いつもここから 「悲しいとき〜」「どけどけジャマだジャマだ」

お笑いがすごく好きという方でなくても知っている芸人・フレーズばかりではないでしょうか?

最近だと、フレーズ以外でもにゃんこスターの「さくらんぼ」ブルゾンちえみ with Bの「ダーティー・ワーク」平野ノラの「ダンシング・ヒーロー」など曲とセットで覚えられているような芸人がナベプロには増えてきています。

フレーズにしろ曲にしろ、ネタだけを見るより印象に残る芸人がナベプロに集まっているなと思います。

 

これから人気が出そうな若手ナベプロ芸人は?

ここからは2018年以降に人気が出そうな若手ナベプロ芸人を10組紹介します。

せっかくなので各コンビの流行りそうなフレーズも予想してみます。

1.完熟フレッシュ

メンバー:池田57CRAZY/池田レイラ(公式プロフィール)

お父さんと娘による実の親子コンビ。

お父さんの方の池田57CRAZYさんは元々「ロックンロールコメディーショー」というコンビを組んでいて一度芸人を引退したそうですが、お笑いが諦めきれず娘のレイラちゃんを連れてM-1グランプリの予選に参加してしまったことが始まりだそうです。

M-1の予選で初めて見たときは娘連れてくるなんて正直ずるいな〜と思いました。笑”色物”扱いで3回戦で落ちるコンビかな〜と思っていたのですが、2017年のM-1では準々決勝まで進んでいます。

レイラちゃんは2005年生まれ(!)とかなり若いのですが、いつも堂々としていて2017年のM-1ではお客さんの反応を見てのアドリブ対応もしていました。

流行りそうなフレーズとしては「生まれてくる家間違えた〜」「この親にしてこの子あり」あたりでしょうか。

 

2.Aマッソ

メンバー:加納/村上(公式プロフィール)

M-1 2016,2017年で準決勝まで進出している女性コンビ。

個人的には漫才のイメージが強いですが、コントの方も2017年のキングオブコントで準決勝まで進んでいます。

Aマッソのイメージは、「ネタがぶっとんでる」と「口が悪い」。笑

女性コンビにありがちなどっちがブスだとかどっちがモテるとかいったネタをしているのは全く見たことがなく、男性コンビがしていたとしても「ぶっとんだネタやってるなぁ」と思うようなネタをやっています。

ネタは加納さんが作っているそうなのですが発想がどこから来ているのか全くわかりません。笑い飯に憧れてお笑いを始めたらしい、ということを聞いて少し納得できるような・・・?

「口が悪い」の部分はかなりキツめの関西弁といった感じで、最初に聞いたときはちょっとびっくりしました。ですが、それがだんだんとクセになってきます。

流行りそうなお決まりフレーズというのはありませんが(Aマッソ本人がそういうネタは作らなそう笑)、ネタ中のボケもツッコミもワードが独特です。

 

3.四千頭身

メンバー:都築拓紀/後藤拓実/石橋遼大(公式プロフィール)

結成3年目で21才という本当に若いトリオ。

流行りそうなフレーズとしては、「前半にたたみかけるな」でしょうか。

四千頭身の動画等はこちらの記事で紹介しています▼

「【2018年注目】人気の若手トリオ芸人7組!」

 

4.どんぐりパワーズ

メンバー:ミナコ/あいこ(公式プロフィール)

2人合わせて体重が200kgを超えるという女性コンビ。

載せているネタが病院のネタなのですが、ミナコさんの方は本当に看護師さんだったそうです。

見ての通りだいぶボリュームのあるお2人ですが、とても明るくて見ていて元気な気持ちになります。

流行りそうなフレーズというのはまだないかなと思うのですが、どちらかというと何かの曲でダンスとかしたら人気が出そうな気がします。

 

5.バッドナイス

メンバー:内田英輔/バッドナイス常田(公式プロフィール)

M-1 2016,2017年で準々決勝まで進出しているコンビ。

常田さんの方は、コンビ「バッドナイス」とピン芸人「バッドナイス常田」の両方で活躍しているため「バッドナイス常田」という芸名のようです。さんまのお笑い向上委員会によく出演されています。

内田さんの方は個人的には”ちっちゃい綾部さん”だと思っています。笑

流行りそうなフレーズというか、常田さんのしゃべり方がすごく特徴的なので真似したくなります。あえてフレーズを出すとすると自己紹介の「バッドナイス常田です。お願いしゃ〜すっ」かもしれません。笑

 

6.土佐兄弟

メンバー:土佐有輝/土佐卓也(公式プロフィール)

兄弟コンビ。

コンビ名に「土佐」とついていますが、高知出身だからではなく名字が土佐です。(実際の出身は東京)

弟の方はおばたのお兄さんと一緒に小栗旬のモノマネをして「マロンマロン」というコンビとしてTVに出ていたりします。

個人的には、おばたのお兄さんより似ていると思います。

そういった意味では、流行りそうなフレーズはむしろおばたのお兄さんの「ま〜きのっ」にとられてしまった感がありますが、こちらは兄弟コンビでのネタもあるので新たなフレーズが出てくるかもしれません。

 

7.笑撃戦隊

メンバー:野村辰二/柴田アイスピック(公式プロフィール)

やしろ優さんの旦那さん(野村さん)がいるコンビ。

柴田さんの方の芸名がだいぶ気になりますが、”尖っているから”という理由で改名したそうです。笑

ネタ以外の部分から紹介してしまいましたが、漫才がとても面白いです。「ボケより先にツッコむ」というパターンの漫才が一時期代表ネタだったのですが他にも色んなパターンのネタがあり、どれも面白いです。

2人ともいつも楽しそうに漫才をしているのが印象的です。

流行りそうなフレーズというか漫才のシステムが面白いので、普通の人でも真似しやすいパターンのものが出てきたら流行りそうです。載せている動画のしりとりも良いですね!

 

8.アントワネット

メンバー:山口いく/小澤優人(公式プロフィール)

王子とアンチ王子のコンビ。笑

見た目通りボケの山口さんがナルシスト(ロマンチスト?)なことをいう漫才をしています。

流行りそうなフレーズは今はまだなさそうですが、おそらく山口さんより小澤さんのツッコミから出ると思います。

アントワネットの動画等はこちらの記事で紹介しています▼

「【M-1グランプリ 2017】準々決勝敗退したけど面白かった芸人5組」

 

9.新作のハーモニカ

メンバー:溝上たんぼ/藤田隼人(公式プロフィール)

2人とも1996年生まれとのことでまだまだ若いコンビ。

藤田さんのヒューマンビートボックスを生かした漫才が多いです。

ヒューマンビートボックスすごく上手で印象に残るのですが、溝上さんの方も見た目なのか何なのかそれに負けないくらい印象に残ります。

流行りそうなフレーズはまだわかりませんが、溝上さんの方が何か出しそうな気がすごくします。

 

10.ハナコ

メンバー:菊田竜大/秋山寛貴/岡部大(公式プロフィール)

「ワタナベお笑いNo.1決定戦」というワタナベ所属の若手芸人のネタ対戦で2018年に優勝しているトリオ。

流行りそうなフレーズというか、個人的にはボケ2人の顔がすごく印象に残ります。

ハナコのこと動画等はこちらの記事で紹介しています▼

「【2018年注目】人気の若手トリオ芸人7組!」

 

 

それでは。

 

こちらの記事もおすすめです▼

【ツッコミの】ツッコミが面白い若手芸人6組!【クセが強い】

【2018年版】面白い芸人ランキング40